福島原発事故を引き起こした政府と東京電力の責任を問うために福島原発告訴団が結成され、刑事告訴が行われてから1年が過ぎた。しかし誰も罪を問われないばかりか、安倍首相は「世界一安全」として原発を輸出しようとしている。

 そうした状況に対し5月31日、都内の日比谷野外音楽堂で「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会」が開催された。主催者発表で約1000人が参加。福島の住民はバス3台で上京してきた。

 原告団長の武藤類子さんは「福島原発事故は私たちのささやかな日常を奪い、生きる権利を踏みにじりました。それは今なお続いています。(中略)どうしてこのような事故が引き起こされたのか、なぜ被害を拡大するようなことが行われ続けているのか。私たちは真相を究明し、一刻も早くこの被害を食い止めなければなりません」と訴えた。

 福島県富岡町から避難した木田節子さんは、原発推進の財界人、科学者、政治家、マスコミに対し「(見下すような)立場でものを言わないでください。私たちの心を想像できるような人でなければ政治家やジャーナリストにもならないでください」と痛烈に批判し、「収束作業に関わっている若い人たちを助けてください」と呼びかけた。

 郡山から参加した女性は、日々どうやったら子どもの被ばくを減らせるかに悩んでいることを語り、次のように訴えた。「(無関心だった)自分も大いに反省しました。しかし本当に反省すべきは東電であり国です」。

 国や東電の責任を問わなければ、脱原発もあり得ないということを改めて思った。

 (編集部・温井)

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">