actio1337

Actio2013年6月号 特集「放射能汚染の実態把握を」  (actio1337)

定価(税込)
¥525
販売価格(税込)
¥500
在庫状態 : 在庫有り

送料は全国一律200円です

 

 

CONTENTS

<気になるShop>46
エネルギッシュな高円寺で静かにコーヒーを
ぽれやぁれ

[特集 放射能汚染の実態把握を]

◎放射能汚染マップと検査体制の体系化を
被曝リスクを把握しなければ復興プランも建てられない
福島大学経済経営学類准教授・小山良太

◎研究の自由と研究結果の公開は科学の進歩に不可欠
原発事故の放射線被曝は蝶の異常や死亡を増加させた
琉球大学理学部海洋自然科学科准教授・大瀧丈二

<連載▼YAM ピースラ通信>26
「大MAGROCK Vol.6」 今年もすごいぞ!!

<Close Up>

◎福島県伊達市の住職・久間泰弘さんに聞く
被災地でいのちの声に耳を澄ます
環境ジャーナリスト・川﨑陽子

◎「東海第二原発の再稼動中止を求める意見書」を提出した主婦たち
「原子力発祥の村」に一石を投じるリリウムの会
中村ゆうき

<Interview>
原発事故で取り残された動物たちの死と命の意味
『犬と猫と人間と 2―動物たちの大震災』
宍戸大裕監督

<連載▼増山麗奈 農はアートだ!!>26
北海道食を守る取り組み
はかーる・さっぽろ(市民測定所)

<Report>
ヘイトデモ、国会で追及
「極めて残念だ」 安倍首相も追い込まれ

<連載▼坂田昌子 ちいさないのちの大きな輪>36
置き去りにされた命を想え―アニマル・レスキュー―

<連載▼KEN子 沖縄エコ番長KEN子が吠える>44
自民党の公約違反追及と7月参院選
さらに来年2014選挙年に向けて

<連載▼冨田貴史 脱原発を目指す旅>46
世界に広がるのは日本の原発技術か、非核の連帯か

<連載▼中園順子 脱原発社会のモデル=トランジションタウンのコツ>22
イベントは世界を変えるラブレター。
届くコミュニケーション戦略を。(その3)

<Report>

○排外主義を煽るのは誰か?
支配秩序崩壊で顕在化するレイシズム(人種差別主義)
―ピエール・テヴァニアン来日講演

○アースデイ東京・かわうそ倶楽部
日本の森林荒廃を訴え出展
ワークショップが大盛況

○脱原発候補当選に向け「緑茶会」発足
連携手間取る政党よそに市民が候補者を直接支援

○児玉龍彦氏・講演会
原発事故から2年経った今改めて内部被ばくを考える

○憲法96条の改憲をめぐって公開討論会

<連載▼ニュー・インターナショナリストジャパン>
バリケードの向こうで
フィリピン・不法居住区で暮らす人々の実態

今号のCoverDesign

【鹿子木美】さん

イラストレーター。広島生まれ。武蔵野美術大学卒。グラフィックデザイン製作会社を経て、フリーのイラストレーターになる。脱原発ポスター展に作品を提供。
連絡先 ra53827@fg8.so-net.ne.jp

数量
 

6 Responses to 2013年6月号 特集「放射能汚染の実態把握を」

エネルギッシュな高円寺で静かにコーヒーを ぽれやぁれ | 市民メディアActio への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">