震災と原発事故から2年目を迎える3月10日午後、霞ヶ関を抜け国会に向かう脱原発のデモ行進が、東京・日比谷公園から出発した。参加者は主催者発表で約4万人。

 この日、大阪、福島、青森でも原発の廃炉や脱原発を訴える集会、デモが行われた。9日にはドイツ・フランスでも原発停止を求めるデモが行なわれ、台湾の台北市では10万人の反原発デモが行われた。

 一方で事故収束もしないうちに、原発再稼働を目指す日本政府。いったい何を考えているのか。

 (編集部)

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">