actio1333

Actio2013年1・2月号 特集「転換期の日本」  (actio1333)

定価(税込)
¥525
販売価格(税込)
¥500
在庫状態 : 在庫有り

送料は全国一律200円です

 

 

CONTENTS

<気になるShop>42
 ベクレルフリーで本格焼肉を堪能!
 ザ ソウル オブ ソウル

[特集 転換期の日本]

◎世界経済に忍び寄る「静かなる大恐慌」
 今こそグローバル化のクラッシュに備える時
  滋賀大学経済学部社会システム学科准教授・柴山桂太

◎人口減少期に入った日本で巨大公共事業復活の愚策
 将来の設計図を巡って議論し支え合う社会を
  法政大学法学部教授・五十嵐敬喜

◎利根川水系河川整備計画は悠久の歴史を刻めるか?
 民主党が建設中止するはずだった八ッ場ダムの行方
  まさのあつこ

<連載▼増山麗奈 農はアートだ!!>22
 原発の終わらせ方をドイツから学ぶ

<Report>

○過去を忘却する者は同じ過ちを繰り返す

○福島県甲状腺健康調査をめぐる問題点

<連載▼矢部寛明 被災地よりこんにちは!>最終回
 受け継がれていく想い

<Interview>
 映画『父をめぐる旅―異才の日本画家・中村正義の生涯』
 権威と闘い創作を続けた異端の画家
  共同監督・近藤正典

<Close Up>
 「見ているだけではなく行動を起こしてほしい」
 イスラエルのガザ攻撃を繰り返させないために
  文・写真=志葉玲(ジャーナリスト)

<連載▼坂田昌子 ちいさないのちの大きな輪>34
 政治興味ないんで…とか言ってる場合かよ!!

<連載▼KEN子 沖縄エコ番長KEN子が吠える>40
 北朝鮮の〝ミサイル〟騒動?と自衛隊PAC3と米軍の関係

<連載▼冨田貴史 脱原発を目指す旅>42
 母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapan
 (今月は仙台に住む友人ゆんた美樹子さんからのメッセージを紹介します)

<連載▼中園順子 脱原発社会のモデル=トランジションタウンのコツ>19
 目に見える実例をつくろう。

<連載▼YAM ピースラ通信>22
 大MAGROCK vol.6
 2013年は6月15日16日
 ~アクティオから助成金いただきました~

<Report>

○米軍基地のない沖縄を
 防衛省前抗議行動

○日本版「緑の党」
 脱原発のトーク&ライブ

○一般社団法人アクティオ2012年度助成選考会開催
 総額100万円の助成を決定

<連載▼ニュー・インターナショナリストジャパン>
 子どもの生存率を向上させるには―何が本当に必要なのか?

今号のCoverDesign
 
【鹿子木美】さん
 
イラストレーター。広島生まれ。武蔵野美術大学卒。グラフィックデザイン製作会社を経て、フリーのイラストレーターになる。脱原発ポスター展に作品を提供。
連絡先 ra53827@fg8.so-net.ne.jp

数量
 

13 Responses to 2013年1・2月号 特集「転換期の日本」

  1. [...] (続きは本誌1333号でお読みください) [...]

母子週末保養プロジェクト・ちいさなたびJapan 仙台に住むゆんた美樹子さんからのメッセージ | 市民メディアActio への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">