2012年11月4日
1:00 PMto4:30 PM

原発事故から1年半経った現在でも、原発や汚染状況がどのようになっているのか、動植物に何が起きているのかわかっていないのが現状です。

自然保護の視点で原発事故を捉え直し、森や動物、私たち人間が今後も生存していくにはどうしたらいいのか、東京から発信していきたいと思います。

今回は基調講演に、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)をお迎えします。
東北大学で原子核工学を学び、そこでその危険性と差別性に気づいた氏は、以後、原子力の専門家としてその危険性を訴え続け、一貫して「原子力を止めることに役立つ研究」を行なってきました。

当日は小出氏に、原発事故と、周辺の自然・生物の現状について、真実を語っていただき、私達はそれにどう向き合っていくべきか考えます。
そして、当会の若手と小出氏で、豊かな森に恵まれた未来を、子どもたちに手渡すために、私達が何をすべきか、語り合います。

〔日 時〕2012年11月4日(日)
13:00~16:30(受付開始12:00)
〔場 所〕日本赤十字看護大学 「広尾ホール」
(渋谷区広尾4-1-3)
〔定 員〕先着600名 ※要予約
〔参加費〕1000円(会場・資料代)
〔後 援〕東京都環境局・NPO法人銀座ミツバチプロジェクト・NPO法人メダカのがっこう

■ご案内チラシ
http://kumamori.org/files/3413/5001/9902/sympotokyo6a.pdf

■ウェブお申し込み
http://kumamori.org/registration

■お問い合わせ先
一般財団法人 日本熊森協会 本部
TEL 0798-22-4190 FAX 0798-22-4196
〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町1番4号
E-mail contact@kumamori.org
担当: 日本熊森協会 関東支部 中村 雄太 TEL 080-3422-2756

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">