さる9月22日、群馬県の高崎シティギャラリーコアホールにてシンポジウム「ほんとうに造っていいですか?八ッ場ダム」が、八ッ場あしたの会主催で開かれた。参加者は約200名。

 群馬県長野原町に計画されている八ッ場ダム事業は、ダムの本体工事は未執行ではあるが、予算がついており、厳しい状況が続いている。今回は遺跡保存という新しい観点からダム計画の見直しを訴えた。

 第一部は「八ッ場ダム予定地の埋蔵文化財」がテーマ。水没予定地には、浅間山の天明3年(1783年)8月5日の大噴火により泥流にのまれた江戸時代の遺跡や縄文時代の遺跡等、多数の遺跡があるという。

 考古学者の勅使河原彰さんは「江戸時代の暮らしがそのまま泥流にパックされている。当時の生活をリアルに再現できる要素がある」「遺跡は国民の共有の財産のみならず、未来の人のためのものでもある。ダムや不要な道路をつくることではなく、このような貴重な遺跡を残すことが本来の公共事業だ」と文化財保護の大切さを強調。

 八ッ場あしたの会の渡邊洋子さんは「ダム湖観光は成り立たない。この地域本来の力を活用して貴重な遺跡を『空間ミュージーアム』として観光資源にできないか」とダムに代わる地域振興策を提案。

 作家の森まゆみさんは「群馬県は富岡製糸場を世界遺産にしようと活動している。ならば、八ッ場ダム予定地の遺跡も同様に注目すべきだ」と提案し、吉野ヶ里遺跡、三内丸山遺跡など公共事業が止まった事例、東日本大震災の被災地における文化財保存の問題を紹介しながら、経済活動一辺倒ではない、価値のありかたを問うた。

 第二部は「ダム湛水(たんすい)による危険性」がテーマ。水没予定地住民の移転先の代替地が30~40mの盛り土造成地である危険性、また、新しい付け替え国道145号ですでに何度ものり面の崩落があり、火山性堆積物、熱水変質帯など大変もろい地質であることが指摘された。

 最後に、現地からのメッセージが読みあげられる。故郷を愛し、守りたいという観点から「都会に暮らす人は自分の払った税金の使われ方として、本当に八ッ場ダムが必要なのかを考えてほしい」等、切実な胸の内がつづられており、その想いを真摯に受け止めなければと思った。

 (新田乙絵)

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">