2012年8月31日
10:00 AMto4:30 PM

 「核戦争防止国際医師会議(1985年ノーベル賞受賞)」のリーダー格であるパターソン医師と、ジーデントップフ医師、アカデミー賞受賞作「チェルノブイリ・ハート」を撮影したデレオ監督を招き、アメリカ・チェルノブイリでの原発事故、核実験、核兵器工場での経験を踏まえ、東北・東関東からの避難、食品やガレキ焼却を通じた内部被曝の拡大反対を呼びかけます。

 福島の最新情報、首都圏まで広がる放射能濃縮、ベクレルフリーな暮らし、避難者の方々や支援をしたいと考えている方への情報提供、無料相談コーナーも。

 奇跡的に汚染を免れた関西の役割は、ガレキよりも人を受け入れ、いのちを守る温かい輪をつくること。
 「未来をつくるサミット」開催をきっかけとし、避難者受け入れ情報発信・支援の輪・雇用作り・過疎化する町の再生などを促進する「避難者と未来をつくる会」を発足します。

[日時]2012年8月31日(金)開場10:00

【第一部】

映画「Hibakusha~広島から福島へ続く原子力ビジネス~日本版」上映
 上映10:30 上映後トーク終了12:00
避難者無料相談・避難者無料交流会
※映画を見ないで、相談コーナー交流会に行かれる方は午前は無料です。

【第二部】

シンポジウム「被曝治療に学ぶ内部被曝・避難の権利」
・健康相談会 
 開演13:00 終了16:30

[場所]ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)ホール
    大阪市中央区大手前1丁目3-49
[料金]
【第1部】入場料 800円/前売り600円/避難者500円
【第2部】入場料1000円/前売り800円/避難者500円
チケット予約は①指定口座に入金②お名前、午前午後、枚数をメール③電信の場合振込用紙持参。
※振込先口座
 ゆうちょ銀行
【店番】418【預金種目】普通預金【口座番号】1002303
[主催]避難者と未来をつくる会
[連絡]ブース参加・チケット予約・問合せ
     garekikarahito@yahoo.co.jp  
    TEL 070-5669-3545(黒河内)

 

2 Responses to 未来をつくるフォーラム~原発事故避難者と私たち

  1. 郡安ひろこ より:

    明日8月31日ドーンセンターでのフォーラム1部と2部のチケット各1枚予約します。よろしく。

  2. actio_edit より:

    郡安様

    コメントありがとうございます。
    お返事が遅れて申し訳ございません。
    イベントの予約等は直接主催者の方へご連絡いただくようにお伝えしたかったのですが、土日を挟んだためご連絡できませんでした。
    お詫びいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">