環境省は被災地の瓦礫を全国各地で処理する方針だが、受け入れを巡って各自治体、住民が揺れている。本当に広域処理は必要なのか、安全性は確実なのか。環境総合研究所副所長・池田こみちさんに問題点を聞いた。

(プロフィール▼いけだ・こみち)
1949年東京都生まれ。環境総合研究所副所長。聖心女子大学卒業後、東大医科学研究所、ローマクラブ日本事務局などを経て1986年、環境専門シンクタンク・株式会社環境総合研究所の設立に参加。著書に『みんなの松葉ダイオキシン調査』(合同出版)など。

<瓦礫が復興の足かせなのか>

 テレビ・新聞で瓦礫広域処理の必要性が喧伝され、「瓦礫を受け入れないのはわがまま、身勝手、自己中」との空気が作られています。これは広域処理が最善であるとの世論誘導を政府がマスコミを通じて行っている結果です。

 環境省は、瓦礫の広域処理と除染を推進する広報費としてすでに9億円を博報堂に支払っています。さらに24年度予算では30億円を計上しています。しかし広報で社会的合意は得られません。むしろ被災者と受け容れ側住民との間で溝を広げ、住民同士の対立構造を作っています。

 私は岩手県の久慈から茨城県・北茨城までの沿岸域を歩き、どのように瓦礫が積まれているかを見てきました。朝日新聞に掲載された広告写真のように未分類のものもありますが、一方で水が入り込まないよう青いシートがかけられた仮置き場もあります。野積みされた膨大な瓦礫が間近に置かれているかのように強調するのは、非常に意図的だと感じます。

 また解決すべき優先課題が何かを見極める必要があります。被災した地元が本当に最優先で瓦礫の広域処理を必要としているのでしょうか。世論調査を見ると、地元がまずやって欲しいことは、雇用や住宅、原発事故の収束などで、瓦礫撤去が最優先ではないのです。

 もちろん窓を開ければ瓦礫の山が見え、いつまでも処理されないのは大きなプレッシャーだと思います。しかし瓦礫が災害復興の足かせになっているとは言えない。

 むしろどういう町づくりをするか、都市計画のプランが進んでいないことのほうが復興の進捗状況に大きく影響しています。瓦礫処理と復興との因果関係は、宣伝されているほど決定的ではありません。

<地元処理を要望しても拒否>

 陸前高田市の市長が語っているように、被災地の瓦礫を地元で処理したいと提案しても、環境省が認めない。南相馬市の市長が、瓦礫を受け入れて沈下した海岸域をかさ上げしたいと提案しても拒否されています。

 瓦礫広域処理問題について考えるには、必要性、妥当性、正当性の3つの視点から評価することが重要です。

 一つは、瓦礫の広域処理が本当に必要なのかどうか。当初、政府が発表した瓦礫の量は岩手・宮城で2000万トンを超えます。これは日本全体の一般廃棄物の年間排出量半分以上に当たり、そこから地元で処分するのは無理だとの議論が作られていきました。

 しかしその内訳については不明です。地元で処理できるもの、できないものはどういう種類でどのくらいの量なのか。広域処理以外の代替案が検討されたのか。そうした議論の結果が理路整然と説得力ある形で示されているとは言えません。

 二つ目は妥当性です。環境面からの安全性が担保されているのか、焼却・埋め立ての処分方法に妥当性があるのかどうかです。また沖縄県も広域処理を検討しているようですが、そんな遠くまで瓦礫を運ぶことに経済的妥当性があるのかも疑問です。

 三つ目は正当性です。環境省が行っている検討委員会は非公開で、第5回以降は議事録もなく、第8回以降は録音もされていません。関係自治体や住民の参加もなく、意思決定・政策立案プロセスが非常に不透明で正当性がありません。

 地元や住民の意向を無視して、極めて強引なかたちで進められているわけです。

 (続きは本誌1325号でご覧ください)

 

One Response to 災害瓦礫の広域処理は妥当なのか 「原子力ムラ」同様の隠蔽と情報操作の罠 環境総合研究所副所長・池田こみちさん

  1. 西郷 章 より:

     はじめまして。がれき問題について、現地の状況と被災者の思惑そして政府の強引な手法など非常に勉強になります。
     一点お聞きしたいのですが、先生のほうではすでにしつこく説明してきたことと思いますが、政府の瓦礫分散強行について単純明快なことが分からないのです。
     政府がなぜ現地の思惑を無視してこれほど強行的に地方に押し付けるのか?
    私の浅はかな考えとしては、つまるところは「まず原発再稼働ありき」に持っていくための強引な企みではないかと思うのですが、そこががれき強行とむすびつきません。がれき分散と原発再稼働は権力の側の別の思惑があるのでしょうか?
     瓦礫強行と原発再稼働が一つに結び付くとすれば、政府はこの際瓦礫を利用して、国民の都合などすべて権力で押しつぶして(ブルトウザーのように)電力会社や民主党政府に都合のいい政治支配を企むための大勝負に出たのではないかと思うのですが、この点について先生はどのようにお考えでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">