2012年3月26日
7:00 PMto9:00 PM

原発事故後、国内難民が全国に存在することになりました。

理不尽に追放され戻れないまま半世紀以上難民とさせられているパレスチナの人々と故郷を奪われた福島の人々の苦悩が重なります。

 事故後に福島、飯舘村に入り取材を続けるフォトジャーナリストの森住卓さんにスライド&トークで報告していただき、会場の参加者と共に議論を深めます。

[日時]2012年3月26日(月)19:00~21:00
[場所]らくだ&TUBO (定員50名)
     世田谷区南烏山6-8-7 楽多ビル2F
     京王線千歳烏山駅下車徒歩3分
[料金] 800円
[主催]パレスチナが見えますかの会
[連絡]申込は03-5313-1525(FAX)
    または hitosizukunokai@gmail.com

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">