この映画は良くできている映画である。
 イラクの戦場の様子を上手く再現していて、観客は最後まで飽きることなく、主人公の米軍兵士たちに感情移入しつつハラハラ・ドキドキ感を味わえる。

 それでいて彼ら米軍兵士の参加している戦争を全面的に肯定する訳でもなく、米軍兵士の苦悩も描きつつ、彼ら兵士が戦争に参加する意味も問う。
 アカデミー賞を受賞したのもうなずける。
 そう、備えるベき要素は全部揃えている様に見える。

 しかしこれが現実の戦争だと思うと違うのではないか。
 映画が切り取って見せるのは現実の一面に過ぎず、全てを表現することを期待する方が無理なのはわかっている。
 それでも物足りなさを覚えるのは、やはりこの映画が徹頭徹尾アメリカ側の主観で作られ、イラクの人々の視点が入ってないことが原因だろう。

 観客は米軍兵士の感じている戦場の緊迫感を共有することはできるし、彼らの感じている悩みもまた戦争の一面である。
 米軍兵士になったつもりで、彼らの思いを共有することはできる。

 しかし、イラクの人びとは米軍兵士の眼からみた「敵」、あるいは風景の一部としての「モノ」としか描かれていないように見える。
 典型的なのは、主人公が爆発物を処理するシーン。
 そこで描かれているのは、敵意を持った、あるいは冷ややかに、無機質な視線を送るイラクの人びとだ。

 イラクの市民が駐留外国軍を歓迎していないことは事実であり、米軍兵士から見れば全てのイラク人が敵に見えるのも事実としては間違っていない。
 しかしそれだけなのか。これだけを見て戦争の現実であると錯覚して終わりなのか。

 結局、この映画に出て来るイラクの人びとは米軍兵士を戦場の英雄として描くための引き立て役、背景に過ぎないのではないか。

 私は仕事の関係で、この映画のロケ地であるヨルダンに長期滞在をしている。
 そのヨルダンの地元新聞、雑誌の報道によると、イラク人の役で参加している映画のエキストラの人びとの多くは「本物」のイラク人であるという。
 その人々がどのような思いでこの映画に参加し、出来上がった作品をどのように感じるのか尋ねてみたい。

 ヨルダンに住んでいるイラク人の多くは、母国イラクからの避難民である。
 米軍の攻撃後も生き延びたものの、米国の占領統治の失敗により、生活基盤(各家庭の電気、ガス、水道から学校、病院まで)の復旧が進まず、またイラク国内の政治的な対立が生み出されたことによって、生命の危険を感じて隣国まで逃げて来た人々である。
 その多くが未だ母国に帰ることができない。

 米国の映画に出演して、「敵」を演じた人びとの複雑な胸中を思いやる視点がいくらかでも映画の中にあれば良かった。
 しかし それを期待するのは無理だろう。
 この映画は徹頭徹尾、米国人の制作スタッフによって、米国やあるいはそれに近い国々の観客に見られることを想定して制作された映画であるのだから。

 そもそも映画をノンフィクションのドキュメンタリーのつもりで見るのが間違いなのだろう。
 フィクションであるのならばフィクションに徹した方が余計な雑音無しに、純粋に娯楽作品として楽しめる。
 その意味で私は同じくアカデミー賞を争った映画で「アバター」の方に軍配を上げたい。

文=原文次郎
日本国際ボランティアセンター(JVC) イラク事業・現地調整員兼事業担当 。イラクで医療支援やイラク国内の避難民へ食料支援等を行う。2003年電機メーカー退社後、アメリカの難民支援NGOでのインターンシップを経て、2003年7月より現職。

 

 監督=キャスリン・ビグロー
 2008年/アメリカ/2時間11分
 公式サイトhttp://hurtlocker.jp/

【STORY】
2004年夏、イラクのバグダッド郊外。駐留するアメリカ軍に所属する爆発物処理班は、爆弾処理を行うスペシャリストたち。ある日処理中の爆弾が突如爆発。殉職した隊員に代わり、中隊のリーダーに就任したのはウィリアム・ジェームズ二等軍曹。恐れ知らずのジェームズにより、部下たちはこれまで以上の危険にさらされることになる。

2010年6月号掲載)

 

One Response to 映評『ハート・ロッカー』「ドキュメンタリー風映画が切り取るのは現実の一面に過ぎない」映画ロケ地ヨルダンより

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by そら豆ぞうい and 渡瀬義孝, Actio編集部. Actio編集部 said: 映評『ハート・ロッカー』「ドキュメンタリー風映画が切り取るのは現実の一面に過ぎない」映画ロ [...]