昭和35年、岩手県北部の小繋(こつなぎ)地域で山の入会権をめぐり事件が起きた。
 それを3人のジャーナリストが取材。
 残された貴重な記録資料に現在の様子を加え、7年の歳月を経て1本の映画『こつなぎ』が出来上がった。

 入会権とは、一定地域の住民が、慣習的な権利により特定の山林・原野・漁場の薪材・緑肥・魚貝などの採集を目的に使用すること(参考…三省堂大辞林・Yahoo百科事典)。
 農地の少ない小繋の集落住民にとり、小繋山で得る自然の恵みは生活に不可欠だった。

 しかし人々は山に入ることを禁止される。
 糧を絶たれた住民は入会権を主張し裁判で闘う。

 地域の自然と共に暮らす人々を記録したこの映画は、私たちに「山は誰のものか」「大地や森は誰のものか」「生きるとは」と問いかける。 

 2009年のノーベル経済学賞は、森林や漁業資源など共有財産の運用に関する研究を行ったオストロム教授(米国)に授与された。
 小繋の人々の主張したことが正しく評価される時代がようやく訪れたのだ。

上映会&シンポジウム

 日時:2010年3月13日(土)
 11:00/14:00/17:00の3回上映 
 会場:全電通ホール(東京・お茶の水)
 シンポジウムの同日開催も予定しています(司会:辻信一氏)
 料金:特別鑑賞券一般1,500円(税込)絶賛発売中/当日一般1,800円
    シンポジウムのみ参加800円(当日会場受付のみ)

【鑑賞券取扱および購入、イベント問合せ先】
 「こつなぎ」上映実行委員会事務局 
  〒104-0041中央区新富2-12-6パンドラ内 TEL:03-3555-3987
   kotsunagi1@yahoo.co.jp

 

Comments are closed.